脳の休め方 

本日は、効果的な脳の休め方についてです。
「体が疲れた」、「精神的に疲れた」という言葉を使うことがあると思います。この二つのうち精神的に疲れたは、脳の疲れです。体は、横になって休んでいれば回復します。しかし、脳には脳の休め方があるのです。

▪︎脳はなぜ疲れるのか?
それは脳が休む時がないからです。
脳は体が休んでいる時も常に働いています。特に、DMN(デフォルトモードネットワーク)とよばれる脳回路があります。DMNは脳が意識的な活動をしていないとき(ボーッとしているとき)に働く脳回路です。車のアイドリング状態を想像していただければ分かりやすいと思います。このDMNは、脳の60〜80%のエネルギーを使うと言われています。ボーッとしているだけで脳が疲れていくのですから、脳が疲れるのも当然です。

▪︎DMN(デフォルトモードネットワーク)を省エネ

実はDMNを省エネにする方法があるのです。それは、「瞑想(めいそう)」です。

▪︎瞑想のやり方

瞑想のやり方は簡単です。

・座り方(椅子に座る or あぐら)

・姿勢(お腹はゆったり、手は太ももの上、椅子に座った場合足は組まない)

・目(閉じる or 2メートルくらい先を見る)

・意識(体と他のものが触れている感覚を感じる、重力を感じる)

・呼吸(吸う空気と吐く空気の温度の違いを感じる、呼吸コントロールはせず自然と呼吸が来るのを待つ、「吸って、吐いて」と心の中で思うのも効果的」)

・雑念(雑念に気づき呼吸に注意を戻す、雑念は浮かぶものなので自分を責めない)

瞑想を続けることで、ストレスに強く、疲れにくい脳を手に入れることができます。ぜひやってみて習慣にしてください。

○本日の参考文献
『世界のエリートがやっている 最高の休息法ー「脳科学×瞑想」で集中力が高まる』著/久賀谷亮、発行/ダイヤモンド社





いつも1ポチ感謝です。

睡眠の管理 

本日は仕事が休みだったので、一時間半くらい昼寝をしました。皆さんは睡眠について、一日にどれぐらい寝ればいいか分からない、寝だめはできないのかなど色々な疑問があるかもしれません。ということで今回は、睡眠について書いていきます。

▪︎何時間寝ればいいの?

人によりそれぞれです。8時間の睡眠が必要な人もいれば、6時間で大丈夫な人もいます。
自分に最適な睡眠時間を知るには、2週間ほど睡眠時間を記録します。これにより自分に最適な睡眠時間が分かります。
8時間睡眠が必要と思い込むのは、最高のパフォーマンスを生み出す上でよくありません。ぜひ自分に最適な睡眠時間を見つけてください。
ちなみに、糖尿病や高血圧、うつ病にかかりにくくなる睡眠時間は、7時間〜8時間前後というデータがあります。自分に適しているからといって、短い睡眠を毎日続けるのは身体にとってはよくありません。

▪︎最適な睡眠時間を見つけるための記録方法

記録する事

・日付
・入眠時間(○時○○分)
・起床時間(○時○○分)
・睡眠時間(○時間)
・目覚めの感覚(良い、普通、悪い)
・日中のパフォーマンス(良い、普通、悪い)、出来れば日中どんな様子だったかを書く(眠くならなかった、だるかった、頭が冴えていた、快便など)

これを2週間ほど記録すると自分に適した睡眠が分かると思います。人間は、人生の1/3を眠って過ごします。日中の管理だけではなく睡眠を管理するのは、人生をよりよく生きる上で必要なことだと感じます。

○おわりに

本日は、古代ギリシアの哲学者アリストテレスの言葉を紹介します。

「勤勉なる者も怠惰なる者も、人生の半分は大差なし。
なぜならば、人生の半分は眠っているからなり。」

人生は、起きている時間で決まります。それなら、起きている間に睡眠時間の戦略を立ててから寝ることをおすすめします。怠惰なる者はただ惰眠を貪り、勤勉なる者は眠りの時間を管理し快眠なり。

◻︎本日の参考文献
『一流の睡眠 「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略』著/裴英洙、発行/ダイヤモンド社





いつも1ポチ感謝です。

劣等感は邪魔だが役に立つ 

自分が人より劣っているように感じる。劣等感は、皆が持っているものだと思います。今日は、いつもと視点を変えて、劣等感を良いものとしてみていきたいと思います。

▪︎劣等感はなぜ起こる?

劣等感とは、人と比べるからこそ起こる感情です。宇宙に自分しかいなかったら思いもしないことでしょう。

▪︎劣等感をなくしたい

アドラー心理学のアルフレッド・アドラーはこう言っています。
「あなたが劣っているから劣等感があるのではない。どんなに優秀に見える人にも劣等感は存在する。目標がある限り、劣等感があるのは当然のことだ。」

劣等感はどんな人も少なからず持っているものなのです。「劣等感はどんな人も持っている」ということを忘れないで下さい。人と比べて落ち込んでいるのは、あなただけではありません。ちなみに私もその一人です。
劣等感はなくなりません。劣等感があるのは、あなたに目標(向上心)があるからです。

▪︎劣等感は邪魔だが役に立つ

劣等感があるからこそ慢心せずに、人は謙虚に生きることができます。
人と比べ、「自分はまだまだ」だと思うことができるから努力することができます。

このように、劣等感は、あなたに大切な事を教えてくれます。劣等感は人生を豊かに生きるための憎まれ役なのです。


○本日の参考文献
『羨んだり、妬んだりしなくてよくなる アドラー心理の言葉』著/内藤誼人、発行/パル出版





いつも1ポチ感謝です。

立ち直れ自分 

本日は、「落ち込みから立ち直る方法」というテーマを書いていきます。

私達は、「あの時こうすればよかった」と思い後悔します。私も、昔もっと勉強しておけばよかったと思うことがあります。これは「後知恵バイアス」とよばれる人間の思考のクセです。

人間は、当時様々な選択肢があったにもかかわらず、起こった現実が100%起こるべきもので、予見できたと思ってしまいます。しかし、それは後から考えたらの話で、事前に自分が知り得ない(気づかない)情報も含め考えているわけです。
事実を知り、後から考えた事を、あの時私は考えられた(気づけた)という錯覚を引き起こすことを後知恵バイアスといいます。

落ち込みから立ち直るためには、「こうすればよかった」という後知恵バイアスを打ち破る必要があります。

▪︎後知恵バイアスではなく、あなたが考えるべきこと

①自分を慰め(なぐさめ)てください

・あの状況では仕方のないことだった
・失敗はだれにでもある
どんな理由でもかまいません。当時の自分を否定せずに、慰めてください。心理学の研究で、自分を責めるより慰めた方が現状を冷静に捉えられて、反省し、失敗を繰り返さないことが分かっています。

②過去ではなく「今」を見つめて下さい

「今のあなた」は今から何ができますか?遅すぎることはありません。
今からできることをやりましょう。
もう同じ轍(てつ)は踏まないようにすればいいのです。

過去は教訓としては使えます。しかし、過去は学ぶべきもので、悩むものではないのです。

○おわりに

本日は松下電器創業者の松下幸之助の言葉を紹介します。

「どんなに悔いても過去は変わらない。

どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。

いま、現在に最善を尽くすことである。」


私達は過去ではなく、今を生きています。だから、今どう動くかを精一杯考えるのが最善の策なのだと思います。

▪︎本日の参考文献
『自分では気づかない、ココロの盲点 完全版 本当の自分を知る練習問題80』著/池谷裕二、発行/講談社





いつも1ポチ感謝です。

話し上手の話し方 

本日は、「話上手になるために」というテーマでやっていきたいと思います。

▪︎親近効果

この言葉は、「人は後半の情報に興味を持ちやすい傾向がある」という心理学用語です。
特にセールストークに使われることが多い親近効果ですが、日常の会話に使うことも出来ます。

・相手に喜んでもらう会話

たんたんと言うのではなく、感情を入れながら話しましょう。

①最初に相手の興味を引くことが肝心です。

話の「つかみ」は大事ですね。つかみは、心理学でいう「初頭効果」が働きます。初頭効果は、最初の印象がなかなか変わらない効果のことです。なので、つかみは話の後に影響する重大な所です。

あった(見た)ことを客観的にそのままいうのがおすすめです。

②内容を話す。

③オチを入れる。ここは、自分の感情を言葉にするのがおすすめです。このオチの部分に「親近効果」が働きます。

親近効果によって、あなたの話は相手の脳に刻み込まれます。

○おわりに

本日は、明石家さんま氏の言葉を紹介します。

「俺は絶対落ち込まないのよ。

落ち込む人っていうのは

自分のこと過大評価しすぎやねん」

失敗しても落ち込まないで。
もう一度チャレンジすることが成功の秘訣。

▪︎本日の参考文献
『決定版 面白いほどよくわかる!心理学オールカラー』著/渋谷昌三、発行/西東社





いつも1ポチ感謝です。

まじめ?不真面目? 

暖かくなったり寒くなったり、よく分からない気温の今日この頃、皆さんはどうお過ごしでしょうか?
本日は、「自分はまじめ?不真面目?」というテーマでやっていきます。
あなたは自分がどちらだと思いますか?


▪︎モラルライセンシング

この心理学用語は、「良いことをすると悪いことをしたくなる」という意味の言葉です。
あなたも経験があると思います。
・頑張った次の日はサボってしまう
・仕事が一段落するとハメを外したくなる
・だれかにいい事をしたら、その後だれかに厳しくしてしまう

モラルライセンシングは、私達の日常生活に密接に関わっているのです。
人間が自分の理想的な行動をするためには、このモラルライセンシングがあるということを理解しておくことが重要です。
人間は、特に自分の進歩を確認出来たときにサボりがちです。目標のリストを作っただけで達成感を感じて、サボりたくなってしまうのですから、人間がなんだか可愛く感じてきます。


▪︎どうすればサボらずにすむか

香港科技大学とシカゴ大学の研究でサボらない秘訣が分かりました。
それは、「なぜ頑張ったのか・なぜやったのか」を自分に問いかけることです。頑張った成果を確認するだけで終わりではなく、頑張った理由を思い出すのです。
たとえばあなたは仕事を一日頑張りました。そうすると頑張った自分を褒めたくなると思います。そして頑張った自分を褒めた後、自分がなぜ仕事を一日頑張ったのかを考えます。「これだけやったのはもっと仕事ができるようになりたいからだ」、「もっとお金が欲しいからだ」など自分がなぜやったのかを考えてみて下さい。
それにより、その後サボる確率が減ることが分かっています。


○おわりに

本日は、アメリカの社会評論家キャロル・アドリエンヌの言葉を紹介します。

「まず自分を愛する事からはじめなさい。

ユニークで、頑固で、気まぐれで、お天気やで、魅力的で、愚かで、聡明で、素敵で、粋でもある。

あなたという人間を正しく評価してください。」

私達は他人を知る前に、まず自分から見つめ直す必要があるのかもしれません。

◻︎本日の参考文献
『スタンフォードの自分を変える教室』著/ケリー・マクゴニガル、訳/神崎朗子、発行/大和書房





いつも1ポチ感謝です。

なりたい自分に 

本日は、なりたい自分になれる方法を紹介します。

▪︎「自己成就予言」

これは、アメリカの社会学者ロバート・K・マートンにより提唱された概念です。
ある出来事が起こると予言して行動すると、本当に起こってしまうというものです。
たとえば、占い師に大きな怪我をするといわれたら本当になってしまった、自分は美人だと思い続けたら本当にきれいになったなどが挙げられます。
自己成就予言はプラスにもマイナスにも働く概念です。これを使い、自分が思い描いた通りに自分が変わっていけます。
よく「自分はダメなやつだから」と言っている人がいますが、マイナスな思考は危険です。自己成就予言により本当にダメな人になってしまうからです。
反対に自分には良い言葉をかけて願いを叶えていきましょう。先程書いた例でいうと、「自分はできるやつ」や「自分は美人」と今がそうであると信じるようにしてください。


▪︎憧れの人になったつもりで振る舞う

リチャード・ワイズマンが提唱した「as ifの法則」とよばれるものがあります。
これは、日本語で「〜のように」という意味で、〜のように振る舞うと本当にそうなるという法則です。
人間は思考から行動が生まれると考えがちですが、実は行動が人間の思考を決めています。なので、行動をなりたい自分のように変えることで、なりたい自分になれます。
話上手になりたかったら話上手のように振る舞う、仕事ができる人になりたかったら仕事ができる人のように振る舞うことです。テレビで憧れている人や身近な人のマネをする。そうやって行動を変え、後に性格が変わり、なりたい自分を手に入れることができます。


○おわりに
今日は、アルベルト・アインシュタインの言葉を紹介します。

「どうして自分を責めるんですか?
他人がちゃんと必要なときに責めてくれるんだから、いいじゃないですか。」

他人は自分に厳しく、自分は自分に優しい。それが1番心のバランスが取れる方法だと思う。

○本日の参考文献
『決定版 面白いほどよくわかる!心理学オールカラー』著/渋谷昌三、発行/西東社





いつも1ポチ感謝です。

記憶の中に 

私たちには記憶があります。良い記憶。悪い記憶。記憶とは、自分が今の自分でいられる大切なもの。
良い記憶はもちろん、悪い記憶も今の自分をつくる大切なもの。捨てたい記憶は私もあります。でも、今の私をつくっている。
つらさは、優しさを生みます。悲しみは、強さを生みます。後悔は、未来を生みます。
どんな辛い過去も今をつくってる。
でも、過去を全部背負って歩き続けたら疲れちゃう。辛い過去は置いて行こう。そこから学んだ事だけ持って歩いていけばいい。何があったかは重要ではない。何を学んだか、それが重要。それさえあれば人生歩いていける。
荷物は少なくして人生を旅していこう。もし手放せなかったら、誰かに一緒に持ってもらうのもひとつの手。

○おわりに
本日は、第16代アメリカ大統領のエイブラハム・リンカーンの言葉を紹介します。

「I walk slowly, but I never walk backward.(私の歩みは遅いが、歩んだ道を引き返すことはない。)」

前進あるのみ!!





いつも1ポチ感謝です。

褒めれば育つ 

本日は、子供と部下は褒めて育てよう。という内容を書いていきたいと思います。昔から「子供は褒めて育てるといい」といいますが本当でしょうか?褒めると何かいいことがあるのでしょうか?

▪︎ピグマリオン効果

心理学者ローゼンタールが行なった実験があります。これはある教室の2分の1の生徒を才能があると先生に言いました、その後の経過をみた実験です。その後、才能があると認められた生徒は、先生の対応が無意識ですが変わります。その結果、その生徒たちは他の生徒に比べて成績が上がりました。先生は、才能が認められた生徒には、他の生徒より褒めて、分からない問題があっても辛抱強く待ちました。
ここから褒める(期待する)と伸びるということが分かります。

▪︎自己肯定感をもつ

褒めると「自己肯定感」が高まります。自己肯定感とは、自分を誇らしく思うことです。この自己肯定感が高いと、自分に自信がつき、目の前の課題を真剣に取り組むようになります。結果として、褒めることで失敗にめげず、自主的に物事に取り組む子供・部下が育ちます。

○おわりに
本日は連合艦隊司令長官の山本五十六の言葉を紹介します。

「やってみせ、言ってきかせて、させてみて、ほめてやらねば人は動かじ。」

人を動かすのにも、やはり最後は褒めること。


◻︎本日の参考文献
・『フシギなくらい見えてくる!本当にわかる心理学』著/植木理恵、発行/日本実業出版社





いつも1ポチ感謝です。

あなたはあなたのままでいい 

この題名は名言でもなんでもありません。ただの私の素直な思いです。
「変わりたい、変わらなくてはいけない」とあなたは思うことがあるかもしれない。そんな時、こう思って欲しいんだ。
「今の自分じゃだめかな」と。
変わるというのは、今のあなたを否定していること。それでは何も手に入れられない。
変わりたいのは、何かしたいことがあるんだよね。あなたがしたい事は、今のあなたではできないの?変わらなくても、できる方法はないの?自分にそう問いかけてほしい。今の自分のままで、できる方法は必ずある。
あなたにはたくさんの可能性がある。それを否定することは自分を殺すこと。やる前から諦めるのも自分を殺すこと。やり始めるのは、今からだよ。明日じゃない。今。「昔もっとこうしていれば、今こうなってる」と思うなら、今からやればいい。


今のあなたのままでできる方法を探す。それが「あなた」が唯一やりたいことを出来るようになる方法。

○おわりに
本日は、劇作家ジョージ・バーナード・ショーの言葉を紹介します。

「Life isn’t about finding yourself. Life is about creating yourself.
(人生とは自分を見つけることではない。人生とは自分を創ることである。)」

自分を創れるのは自分だけ。





いつも1ポチ感謝です。