よい終わり方をする 

本日の自分を好きになる習慣は、

よい終わり方をする

です。


◼ピークとエンドが重要

人間には、ピーク(一番盛り上がったところ)とエンド(終わり)を重視して覚えている傾向があります。これを「ピーク・エンドの法則」といいます。
また、「持続時間の無視」も興味深い人間の性質です。これにより、どのくらい長い時間良いこと(悪いこと)があったかはそんなに記憶に残りません。記憶されるのは、強い刺激です。たとえば感情でいうと、嬉しいこと(悲しいこと)の程度が大きいほど記憶に残りやすいです。

◼よい1日の終わりを

上記のふたつの法則から、その日1日を良い記憶として残せる方法があります。それは、寝る前の過ごし方を変えることです。
寝る前は1日の終わりにあたります。ここで悪いことがあるとその日1日が台無しの気分になってしまいます。特に寝る前に1日の反省をするのは N G です。1日の終わりは、頑張れたことや良くできたこと、楽しかったことを思い出す時間にしてください。そうすると自分に自信が持てるようになり、なおかつ1日1日をよい記憶にできるので「自分は毎日幸せだ」と感じられるようになるはずです。

○おわりに

終わり方を良くし良い記憶として残すことは、色々なところで使えます。
もし悪いことがあっても「終わりよければすべてよし」を目指していきましょう。


自分を褒める 

前回に引き続き、自分を好きになる習慣を紹介します。

自分を褒める

アブラハム・マズローが提唱した「欲求5段階説」という理論があります。
簡単に説明すると、人間の欲求をピラミッド状にして表現したものです。

その中に、「承認の欲求」というものがあります。人間には、他人に認められたい、自分を価値あるものだと思いたいという欲求が存在するのです。

特に、自分自身へのプラスな評価は人生の満足度を高めるためにも大切です。


◼ブライト・スポットを見つける

あなたもよい事をしたときは、当然自分を褒めると思います。しかし、失敗したときなどマイナスの行動の時には自分を責めてしまうかもしれません。
こんなときは、ブライト・スポット(良い点)に目を向けましょう。失敗した事のなかでも、よかった点は必ずあるはずです。1%の失敗の裏には99%の成功が隠れています。
例えば、書類のミスに気づかなかったとします。反省と対策はいつも通り行なってください。そのあとに、こう考えるのです。ひとつ間違ってしまったけど、それ以外は全部あっていたと。

人は失敗する生き物です。失敗だけを見つめていては自分への評価は下がっていく一方です。失敗したときは、同時に良くできていたところも見てあげて下さい。きっと褒める点があるはずです。
良いところを探す習慣をつけていけば、見つけるのが簡単になってきます。プラス面見て生きる人か、マイナス面を見て生きる人か。幸せな人生を送れるのは前者だと断言できます。