失敗後は最大限の努力 

楽しい休日をお過ごしでしょうか?私は今日、子供の公園に付き合って2時間読書しました。寒空の下でブルブルふるえていました(笑)

本日は、初対面で失敗したらどうするか?を説明したいと思います。前に初対面では初頭効果が働くので、それ以降の印象は変わりにくいよという話をしました。忘れた、見ていないという方は、『初めての出会い』という記事を見ていただけたらと思います。
この最初の出会いの時には、「ハロー効果」というものが働きます。ハローとは「後光」意味です。後光とは、神々しい雰囲気のものに出ている、後ろのありがたい感じの光です。人間でも、美人や学歴があるというだけ、その特徴が光ってその人自体が優れているように見えてしまいます。

私は容姿に自信がなく、学歴もありません。そんな私がハロー効果に対抗するものは何かないのか?安心してください。ありました。その名も、

▪︎ゲイン-ロス効果

ゲイン効果:ハロー効果で悪い印象=>その後の行動・言動で評価が急上昇の可能性あり

ロス効果:ハロー効果で良い印象=>その後失敗すると評価が急下降の可能性あり

ということです。

たとえば、
学歴のない人がいきなり心理学の知識を話し始める。
あまり容姿がよくない人がおしゃれな格好で登場する。

こんな事があったら、「なんか最初の印象と違っていい人かも」となるはずです。そうです。これを狙いましょう。


○おわりに

初対面で失敗してしまったらゲイン効果を狙いましょう。また、「ベストエフォート方式」で乗り切りましょう。ベストエフォート(最善努力)とは諦めてやらないより、途中からでもやったほうがいいじゃないかという考え方です。
初めに悪い印象を抱かせてしまったら、そこから頑張って印象をよくすることを目指すべきです。

「あきらめたらそこで試合終了だよ」by 安西先生 fromスラムダンク


○本日の参考文献

『フシギなくらい見えてくる!本当にわかる心理学』著/植木理恵、発行/日本実業出版社

『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』著/茂木健一郎、発行/学研パブリッシング





いつも1ポチ感謝です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinrinoulife.blog.fc2.com/tb.php/14-b692bb55