話し上手の話し方 

本日は、「話上手になるために」というテーマでやっていきたいと思います。

▪︎親近効果

この言葉は、「人は後半の情報に興味を持ちやすい傾向がある」という心理学用語です。
特にセールストークに使われることが多い親近効果ですが、日常の会話に使うことも出来ます。

・相手に喜んでもらう会話

たんたんと言うのではなく、感情を入れながら話しましょう。

①最初に相手の興味を引くことが肝心です。

話の「つかみ」は大事ですね。つかみは、心理学でいう「初頭効果」が働きます。初頭効果は、最初の印象がなかなか変わらない効果のことです。なので、つかみは話の後に影響する重大な所です。

あった(見た)ことを客観的にそのままいうのがおすすめです。

②内容を話す。

③オチを入れる。ここは、自分の感情を言葉にするのがおすすめです。このオチの部分に「親近効果」が働きます。

親近効果によって、あなたの話は相手の脳に刻み込まれます。

○おわりに

本日は、明石家さんま氏の言葉を紹介します。

「俺は絶対落ち込まないのよ。

落ち込む人っていうのは

自分のこと過大評価しすぎやねん」

失敗しても落ち込まないで。
もう一度チャレンジすることが成功の秘訣。

▪︎本日の参考文献
『決定版 面白いほどよくわかる!心理学オールカラー』著/渋谷昌三、発行/西東社





いつも1ポチ感謝です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinrinoulife.blog.fc2.com/tb.php/27-f8141886