脳の休め方 

本日は、効果的な脳の休め方についてです。
「体が疲れた」、「精神的に疲れた」という言葉を使うことがあると思います。この二つのうち精神的に疲れたは、脳の疲れです。体は、横になって休んでいれば回復します。しかし、脳には脳の休め方があるのです。

▪︎脳はなぜ疲れるのか?
それは脳が休む時がないからです。
脳は体が休んでいる時も常に働いています。特に、DMN(デフォルトモードネットワーク)とよばれる脳回路があります。DMNは脳が意識的な活動をしていないとき(ボーッとしているとき)に働く脳回路です。車のアイドリング状態を想像していただければ分かりやすいと思います。このDMNは、脳の60〜80%のエネルギーを使うと言われています。ボーッとしているだけで脳が疲れていくのですから、脳が疲れるのも当然です。

▪︎DMN(デフォルトモードネットワーク)を省エネ

実はDMNを省エネにする方法があるのです。それは、「瞑想(めいそう)」です。

▪︎瞑想のやり方

瞑想のやり方は簡単です。

・座り方(椅子に座る or あぐら)

・姿勢(お腹はゆったり、手は太ももの上、椅子に座った場合足は組まない)

・目(閉じる or 2メートルくらい先を見る)

・意識(体と他のものが触れている感覚を感じる、重力を感じる)

・呼吸(吸う空気と吐く空気の温度の違いを感じる、呼吸コントロールはせず自然と呼吸が来るのを待つ、「吸って、吐いて」と心の中で思うのも効果的」)

・雑念(雑念に気づき呼吸に注意を戻す、雑念は浮かぶものなので自分を責めない)

瞑想を続けることで、ストレスに強く、疲れにくい脳を手に入れることができます。ぜひやってみて習慣にしてください。

○本日の参考文献
『世界のエリートがやっている 最高の休息法ー「脳科学×瞑想」で集中力が高まる』著/久賀谷亮、発行/ダイヤモンド社





いつも1ポチ感謝です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinrinoulife.blog.fc2.com/tb.php/31-7eac3012