褒めて伸ばす 

こんにちは、こんばんは。脳らいふです。
本日は、「褒めて伸ばす」というテーマで書いていきたいと思います。
人と接する上で、褒める機会は多々あると思います。特に子育てや部下ですと、きちんと褒めることで大きく成長していくものです。他にも様々な場面で「褒める」ことが、より良い人間関係の為に必要なことではないでしょうか。
特にたくさん褒める人は、相手の「承認欲求」を満たすので好かれる人になります。


▪︎どこを褒める?

うちの子には褒める所がない、他人の良い所なんて見つからない・・・そう悩む方もいらっしゃることでしょう。しかし、悩むことはありません。
褒めることはなんでもいいのです。外見内面どんな事を褒めても相手は喜びます。また、人は他人に見せていない部分を本当の自分だと思う傾向にあります。なので、相手の印象と反対のことを褒めると非常に喜ばれます。そして、この人は他の人と違って私の本当のことを分かってくれると考え、好意を抱いてくれます。


▪︎あなたは誰かの力になれる

褒めることが見つからなかったら、自分が相手に望んでいることを褒めましょう。
たとえば、彼女に料理上手になってもらいたかったら「料理上手いね」と褒めてあげます。そうすることで、彼女は料理に自信がつき新しい料理に挑戦し、腕を上げていくことでしょう。
これを心理学用語で「ラベリング」といいます。人は、相手が貼ったラベルの通りの人になっていきます。
ちなみに叱るより褒めた方が伸びることを「ピグマリオン効果」といいます。
褒めることは、この二つの効果があります。褒めるだけであなたは人の役にたてるのです。


○おわりに

本日は、松下村塾で有名な吉田松陰の言葉を紹介します。

「どんな人間でも一つや二つは素晴らしい能力を持っているのである。その素晴らしいところを大切に育てていけば、一人前の人間になる。これこそが人を大切にするうえで最も大事なことだ。」

吉田松陰は、人の長所を見つける天才だったそうです。私達もたくさん良いところに気づける人を目指したいですね。


○本日の参考文献
『あなたを変える52の心理ルール』著/メンタリストDaiGo、発行/KADOKAWA





いつも1ポチ感謝です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinrinoulife.blog.fc2.com/tb.php/34-7b45269e