マンネリ化を防ぐ 

梅の花がきれいだなと思っていたら、もう気の早い桜が咲き始めていますね。
本日は、「マンネリ化を防ぐ」というテーマでやっていきたいと思います。
心理学に「順応」という言葉があります。「順応」は「慣れる」という意味です。人間は太古から様々な状況に適応して生きてきました。厳しいジャングルから何もない平原まで、慣れることは生きることに必要不可欠でした。
時代は変わり快適な生活が送れるようになりました。慣れることに特化した私達は厳しい状況だけではなく、自分に良い状況にも慣れる機能をご先祖様から受け継ぎました。会社、家庭、ご近所・・・慣れ、そしてマンネリ化は至る所でおきています。
慣れは必然で必要なことです。しかし、同じ行動を続けることで私達はマンネリの状態となります。その結果つまらなくなり飽きがきてしまいます。


▪︎慣れたことにも新しい息吹を

慣れを防ぐことは出来ません。しかし、慣れたことにも新しい要素を入れ、一味違った味わいにすることが出来ます。

〝いつもの通勤。そこには、一本の早咲きの桜。それに気づいたあなたは、「もう春か」と感じます。〟

慣れた道でも、周りを注意深く見れば、毎日なにかしら変化があると思います。ひとつ違った要素が加わるだけで通勤がなんだか楽しくなりませんか?

〝いつもの慣れた仕事。やり方を他の人が気づかない程度だけど変えてみた。少しやりやすいかも。〟

仕事のルールはなかなか変えられないけど、自分のやり方はすぐ変えられる。このほんの少しの刺激で仕事も楽しくなるかも。


〝長年連れ添ったパートナー。いつも同じルーティンで生活していると相手の同じ面しか見られない。だから、二人で旅行に行ってみる。いつもと違う状況に身を置いてみる。そこで相手の意外な一面が見られるかも。また同じ経験を共有して、話題も増えるかも。〟


ほんの一例ですが、少しの変化があなたの心に起こす変化を書いてみました。人間は大きな変化を拒絶するようにできています。あなたも行動を変えたい時は、ほんの少しの変化をするようにして下さい。
「鈴木一郎」こと「イチロー選手」は、インタビューの中でこう語っています。

〝小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。〟

あなたのいつもを「小さなこと」の変化で満たしていきましょう。





いつも1ポチ感謝です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinrinoulife.blog.fc2.com/tb.php/38-2453c4cd