整理整頓でやる気アップ 

本日は、整理整頓ついて心理学的に考えていきたいと思います。
多くの会社では5S活動を行なっています。5S活動とは、職場の環境を保つ為に会社で掲げられるスローガンです。頭文字がSの(整理、整頓、清潔、掃除、躾〈しつけ〉)を推進する活動というものです。では、なぜ多くの会社が5S活動をやるようになったのでしょうか?


▪︎散らかっているとやる気がなくなる!?

よく言われるように、部屋が散らかっていると、周りのものに注意が奪われ集中力が落ちます。
合わせて注意力を奪われることにより脳は力を無駄に使い、意志力や自己コントロール機能も落ちます。意識的な集中を試みても、脳は5感から受け取った全ての情報を無意識に処理しているので、やはり脳は力を無駄遣いしてしまいます。
「部屋は綺麗にして、いらない物は捨てる」これがやる気も集中力も続く基本行動ですね。


・ 脳の情報処理

脳は五感からの膨大な情報を選別し、意識に上げます。主に使われる脳としては前頭葉です。ここのパワーが尽きると意志力、注意力が一気に下がります。
カラーバス効果、カクテルパーティー効果などは情報をピックアップして、意識に届ける心理効果として知られています。

カラーバス効果・・・興味を持っている情報が意識の中に入ってくること。たとえば、奥さんが妊娠すると妊婦によく気がつくなどがある。

カクテルパーティー効果・・・賑やかなパーティでも、話している相手の会話は聞こえるということから名付けられた心理効果。注意を向ける先のものを選択的に意識に上げる効果がある。


▪︎先延ばしの原因に

片付いてない部屋は先延ばし原因になります。ひとつは注意力が使われるので、意志力も同時に減っていく事が原因です。
もうひとつの原因は、物がすぐ取れる所にないと面倒になり「後で」ということになってしまうからです。以前に紹介しましたが、飴を棚に入れておくと消費が三分の一になります。これは、目に入ると欲しくなる効果、そしてワンステップ入れる効果があります。
人間は行なうまでにワンステップあると面倒になり、やらなくなることが分かっています。これを使って、やりたい事はすぐできるようにしておく。やりたくない事はワンステップ挟まないとできないようにしておくことが効果的です。
先延ばしの言い訳をつくらない為に整理整頓し、すぐできる環境をつくりましょう。


○おわりに

部屋をかたづけるだけで意志力、注意力、自己コントロール機能の低下を防げます。やりたいこと、やるべきことがあったらまず部屋の片付けから始めてはいかがですか?


○本日の参考文献

『自分を操る超集中力』著/メンタリストDaiGo、発行/かんき出版





いつも1ポチ感謝です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinrinoulife.blog.fc2.com/tb.php/40-6644fc28