習慣にしたい行動を小さく設定する 

前回は習慣を身に付けることをオススメしましたが、「身に付けたい習慣を限りなく小さく設定する」ことが続くコツです。

あなたは、新年や月初めに大きな目標を立てて挫折したことはありませんか?例えば、「今年こそは10kg痩せる」や「資格取得のため毎日2時間勉強をする」などが挙げられます。その目標が続いたことはありますか?


▪︎目標を立てて満足

目標を立てることが人間は大好きです。しかも大きな目標ほど脳内にドーパミン(快感物資)が多く分泌されるので、つい大きな目標を立ててしまいます。目標を達成して見違えた姿を想像し、満足に浸るわけです。
しかし目標を立てるのは簡単なのですが、そこへの道のりは険しいものです。そのうちに挫折し、元の生活に逆戻り。
大きな目標=>満足=>挫折
これを繰り返すわけです。


▪︎小さな行動でこんどこそ習慣をつくる

大きな目標を立てたら、それに必要な行動の最小を習慣にしましょう。
例えば「10kg痩せたい」だったらそれに必要なのは運動ですね。その時に「腹筋を毎日30回する」ではなく、もっともっと少なく「腹筋を毎日1回以上する」を目標にして下さい。これなら挫折することはありませんよね?
また、腹筋を1回やってみると分かるのですが、1回やったらもう少しやってみたくなると思います。夢中になってやってしまう日もあるでしょう。これは心理学では「作業興奮」と呼ばれている現象です。やりだすともっとやりたくなるのが人間の面白いところです。
どれだけ初めの一歩目を小さくできるかで、習慣にできる確率がグンとあがります。
ちなみに私は、「毎日腹筋一回」と「1日1回バランスボールに座る」を目標に設定しました。結果は、後日報告いたします。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinrinoulife.blog.fc2.com/tb.php/53-97e293f8