自分を褒める 

前回に引き続き、自分を好きになる習慣を紹介します。

自分を褒める

アブラハム・マズローが提唱した「欲求5段階説」という理論があります。
簡単に説明すると、人間の欲求をピラミッド状にして表現したものです。

その中に、「承認の欲求」というものがあります。人間には、他人に認められたい、自分を価値あるものだと思いたいという欲求が存在するのです。

特に、自分自身へのプラスな評価は人生の満足度を高めるためにも大切です。


◼ブライト・スポットを見つける

あなたもよい事をしたときは、当然自分を褒めると思います。しかし、失敗したときなどマイナスの行動の時には自分を責めてしまうかもしれません。
こんなときは、ブライト・スポット(良い点)に目を向けましょう。失敗した事のなかでも、よかった点は必ずあるはずです。1%の失敗の裏には99%の成功が隠れています。
例えば、書類のミスに気づかなかったとします。反省と対策はいつも通り行なってください。そのあとに、こう考えるのです。ひとつ間違ってしまったけど、それ以外は全部あっていたと。

人は失敗する生き物です。失敗だけを見つめていては自分への評価は下がっていく一方です。失敗したときは、同時に良くできていたところも見てあげて下さい。きっと褒める点があるはずです。
良いところを探す習慣をつけていけば、見つけるのが簡単になってきます。プラス面見て生きる人か、マイナス面を見て生きる人か。幸せな人生を送れるのは前者だと断言できます。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する